給料日なのに金欠なあなたが欠けている重要な思考

給料日なのに、すでに金欠のピンチな状態になってしまって困っていませんか?

毎月支払いに追われてしまって、給料日前までせっかく節約をしながら頑張って生活しているのに、お給料が入ると次々に支払いに追われてしまうのは、精神的にも疲れてしまいますね。今回は、なぜあなたが金欠になるのか、その解決方法とは何なのか御紹介したいと思います。

金欠になる理由を知る方法

あなたがなぜ毎月金欠になってしまうのか、その理由や原因はきちんと分かっていますか?まず最初にこれを理解しないと、どのように節約をしたらよいのか、毎月どのくらいの金額が必要なのか、計画を立てることができません。
それにはまず家計簿をつけることです。毎月の家賃、食費、雑費、生活費、子供の出費がいくらかかるのか、ご夫婦できちんと話し合ってください。

そして、そのかかる費用をそれぞれ封筒に分けて入れてください。例えば1ヶ月の食費を封筒に入れたのであれば、その封筒の中のお金でやりくりをしてみてください。もしも余れば、その金額を貯金してください。必ずこの金額でやりくりをするということを必ず守ってくださいね。

財布にたくさんのお金を入れない

財布の中にお金があれば、使っていいお金として認識してしまいがちです。ですので、1日に必要な最小限の金額をお財布に入れることにしてください。ついついコンビニに入ってしまって、ジュースやお菓子など何百円かの買い物もしてしまうかもしれませんが、そういう無駄な買い物は絶対にしないようにしてください。たった何百円のお金でもそれは無駄な出費です。必要ありません。

あと間違っても自分へのご褒美として、無駄な買い物をすることはやめてください。自分へのご褒美はお金に余裕がある場合だけです。

病気になって働けない場合

病気になって働けなくなったとしても、生きていくために生活費は絶対に必要ですよね。親や親戚や友人にもお金を借りれず、どうしたらよいのか途方に暮れてしまった場合は、最終的な手段として、消費者金融やカードローンでの借金が考えられます。借金ですので、もちろん金利を支払わなければいけないですが、必要な金額だけ計画的に借りることができるのであれば、一つの選択肢として、頭の片隅に入れておいても良いでしょう。


給料日なのに金欠ですと、毎日毎日お金の事ばかり考えてしまって、日々の生活が全く楽しくないですよね。お子さんを預けて働きに出るとしても、毎月の保育料や延長保育料がかかってしまいます。
せっかく稼いだ給料も、そのような出費に支払わなければならなくなり、本末転倒になってしまう可能性もあります。いくつかの解決方法をあげてきましたが、ご自分で実行できそうなものを、少しずつでも良いので試してみてください。

未分類
給料日までの金欠対策