給料日まで2週間あるのにお金がない時の緊急対策

給料日までまだ2週間もあるのに、すでに金欠生活になってしまって、本当にどうしたらよいのかわからなくて悩んでいませんか?

あまりにも残金がないので、愚痴りたくなる気持ちも分かります。どのようにしたら金欠脱出できるのか、いくつか解決策をご紹介いたします。

給料日まであと何万円位あればいいのか

給料日まであと2週間生活をしなければいけないのであれば、あといくら現金が必要なのか、きちんと調査してみましょう。食費はもちろんのこと、日用品のお金も必要です。今現在、千円しかないというのであれば非常に厳しいですが、とりあえず今持っているお金を2週間分に分けてみてください。
封筒でもなんでもいいですので、1日に使える金額をきちんと分けてみることで、これからの計画を立てることができます。もしも結婚されているのであれば、この作業を旦那さんと二人で行ってください。

料理のレシピを工夫する

外食が多いのであれば、外食はやめて自炊するようにしてみてください。スーパーに行って食品や食材を買う時は、安くなる時間帯を狙って行くようにすると、お得に買うことができます。
お肉や魚などはその日のうちに売り切りたいので、上手くいけば半額で買うこともできます。大体が夕方や、閉店前に行くと安くなることが多いです。上手にそういうことも取り入れてみてください。
料理はまとめて何日分か多めに作って容器に分けて入れておくと、光熱費を節約することもできます。

注意することは、食費を見直すと言っても、無理な節約はやめてください。栄養失調になってしまっては本末転倒です。例えば、節約すると言って、毎日カップラーメンばかり食べていては体を壊してしまいます。ですので、あまり無理はせずにいろいろと工夫をしながら節約してみてください。

副収入を得る

お給料というのは、今後減ることはあっても増えることはないです。ということは、副収入を得る方法として副業を考えてみてはいかがでしょうか。
実は、副業されてる方はたくさんいらっしゃいます。会社で働きながら、土曜日や日曜日にまた別の仕事をするそういう方も増えてきています。

何か特技はないですか?自分の趣味で仕事に繋がることはないかどうか、考えてみてください。毎月数万円でも副収入が増えると、貯金をすることも可能になってきます。

消費者金融やカードローン

急な病気や、急な出費でお金が必要になってしまった場合、最終手段として消費者金融やカードローンでお金を借りることもできます。ただやはり、借金は借金ですので、もしご利用する場合はご夫婦でよく話し合って、計画的に借りるようにしてください。


ギリギリの生活を、毎月送るのはとてもしんどいことですよね。この耐え難い金欠生活が、普通のペースになっているのであれば、それは大変危険なことです。
是非ともご自身の生活を見直してください。きっと方法はありますので、諦めずに一つでも良いので実行してみてくださいね。

未分類
給料日までの金欠対策