給料日まで3週間もあるのにお金が無くなった!

給料日までまだ3週間もあるのに、すでに金欠になってしまって困っていませんか?せっかく給料日にお金が入ったのに、家賃や、子供の習い事のお金、保険、食費生活費などを引くと、全くお金が残らない。次の給料日まで3週間、どのようにして過ごそうか頭が痛いですよね。一人暮らしや夫婦二人だけならともかく、子供もいると、1日にかかる食費もそこまで節約できません。

今回はそんな悩みを持つあなたに乗り越えてもらうために、いくつかの解決方法をご紹介いたします。

残金がいくらあるのか調べる

今手元にある残金を、どのようにして3週間持たせるのか考えないといけません。とりあえず現在口座にいくらあるのか、一日に使える金額はいくらなのか、紙に書き出しましょう。この作業をめんどくさがる方がいますが、これは絶対にしなければいけない作業です。自分だけではなく、旦那さんと夫婦二人で、しっかりとこの作業を行ってください。

交際費は徹底的に節約する

旦那さんは、飲み会などに頻繁に参加していませんか?飲み会もストレス発散にはいいと思いますが、金欠状態の現在は少し我慢してもらいましょう。
とはいえ、絶対に行くなと言えばさらにストレスが溜まってしまいますので、例えば月に3回行っているのであれば、それを1回にまで減らしてもらうのもおすすめです。

食費を節約する

一番節約できるところは食費です。外食などせずに、自炊で乗り切りましょう。テレビやインターネットでも、安い食材で簡単に作れるレシピがたくさん紹介されています。食材や作り方などを工夫すれば、外食よりも安くて美味しい料理をたくさん作ることができます。

一人暮らしだと、ついつい外食やコンビニでお弁当などを買ってしまいがちですが、栄養面から考えても自炊する方が身体に良いです。

ご両親や親戚友人にお金を借りる

いくら節約しても、給料日まで生活費が足りない事ってありますよね。そういう場合は事情を話して、身近な方にお金を借りることも仕方がありません。ただ身内といえども、しっかりと返済期限を決めて、その約束を守り返済することが重要です。この約束を破ってしまうと、人間関係にヒビが入ってしまうかもしれません。借りたお金はきちんと返すようにしましょう。

最終手段は消費者金融やカードローン

もしも身内や友人が貸してくれない場合、一体どうしたらよいのでしょうか。急な出費、ペットの病気、病気になってしまえば働くことができなくなります。そういった場合、最終手段で消費者金融やカードローンで借りることもできます。ただし、返済時には金利の分も支払わなければいけないので、そのことをよく考えて計画的に借りるようにしましょう。

 

何か参考になるものはありましたでしょうか?お金がなくて愚痴を言いたい気持ちも分かるのですが、それでは何事も始まりません。少しでも生活が楽になるように、ひとつずつでもいいので試してみてください。

未分類
給料日までの金欠対策