2週間をたったの2000円で乗り切る方法

次の給料日まであと2週間を、たったの2000円で過ごさなければいけなくなり、どうしたらよいのか困っていませんか?

一人暮らしなので親にも頼れず、一週間1000円で過ごさなければいけない金欠な状態は、非常に苦しいですよね。今回は、少しでもあなたが楽になるように、どのように節約したらよいのかその方法をご紹介いたします。

節約レシピで乗り切る

2週間で2000円しか使えないとなると無理だと思いがちですが、食事を工夫すればなんとか乗り切ることができるかもしれません。外食などは一切禁止です。必ず自炊をしてください。そうじゃないと、絶対に乗り切ることはできません。

まず食材や野菜を安い値段で買う。スーパーによっては安売りをする時間が決まっています。晩御飯前の夕方か、お店が閉まる前の時間に売り切ろうとするので、安くなる確率が高くなります。そういう時間を狙って、お肉やお魚を少しでも安く手に入れてください。傷がついていたり、少し日にちが経っている野菜などは「見切り品」と言って安くなりますので、それも狙い目です。

正直ご飯と味噌汁、野菜さえあれば何とか栄養は足りるはずです。一週間同じメニューが嫌なのであれば、少し工夫する必要がありますが、ネットやテレビなので簡単なレシピが紹介されていますので、それを見てみましょう。料理を作るときは、一気にたくさん作ってしまうことも一つの方法です。何日分かまとめて作れば、料理を作る時間と手間を省くことも出来ますし、光熱費も節約することもでき、一石二鳥です。たくさん作った料理は、容器に小分けにして保存すれば大丈夫です。

金銭管理をする

そんなにお金がないのは、あなたの金銭管理に問題があるのかもしれません。収入に応じた生活をしていますか?無駄なものは買っていませんか?
それを知るには家計簿をつけることが一番です。毎月の収入はいくらで、毎月の支出はいくら。これを必ず把握しましょう。この金額を把握しなければ、節約をすることは無理です。
家計簿をつければ、毎月無駄な買い物をいかにしているか、知ることができます。それが分かれば、次からはそのような買い物を控えることができます。少しでも支出を減らし、貯金ができるような金銭管理能力を身につけましょう。この能力は今後生きていく上で、必要不可欠な能力です。

借金は最終手段

借金することは簡単ですが、返済することは難しいです。もしも本当にお金が必要な場合は、実家のご両親にまずはお願いしてみてください。多少のお金であれば貸してくれるかもしれません。もしもそれが無理な場合は、消費者金融やカードローンということになりますが、あくまでも最終手段として考えておく方が良いでしょう。

 

金欠の状態が続くと、毎日が苦痛で仕方ありませんよね。あまり考え込むと精神的にも良くないので、先ほど挙げたいくつかの対応策の中で、これなら可能だなと思えるような方法をぜひ実行してみてください。

未分類
給料日までの金欠対策